042-971-9800 受付時間 9:00 ~ 18:00(月~金曜) 「笑顔・感動 創造企業」ほっとカンパニー Welpen Pharma
  • トップページ
  • お知らせ
  • 高齢者・障がい者向けに「住まい・医療・介護・予防・生活支援」を一体的に提供 ヴェルペンが取り組む調剤薬局を核とした地域包括ケアシステムの新たな挑戦

お知らせ

2015/06/16

ニュースリリース
高齢者・障がい者向けに「住まい・医療・介護・予防・生活支援」を一体的に提供
ヴェルペンが取り組む調剤薬局を核とした地域包括ケアシステムの新たな挑戦

株式会社ヴェルペンファルマ(本社:埼玉県飯能市、代表取締役専務:大野泰規)は、厚生労働省が推進する「地域包括ケアシステム」を積極的に取り組み事業展開しています。これまで調剤薬局から介護・介護予防施設、高齢者向け住宅、生活支援事業へと地域密着型の包括ケアシステムを構築してきました。さらに独自の取り組みとして、高齢者とともに障がい者も含めた地域包括ケアシステムの構築を目指しています。

 

株式会社ヴェルペンファルマは、“笑顔・感動 創造企業”という企業理念のもと、地域の皆様のこころとからだと健康にずっと寄り添っていけるような会社を目指しています。現在、調剤薬局を中心に介護施設や高齢者向け住宅、地域包括支援センターなど27の事業所を運営しています。

 

厚生労働省は、団塊の世代(約800万人)が75歳以上となる平成37年を目途に、高齢者の尊厳の保持と自立生活の支援の目的のもとで、可能な限り住み慣れ地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、地域の包括的な支援・サービス提供体制(地域包括ケアシステム)の構築を推進しています。

 

ヴェルペンファルマの「地域包括ケアシステム」への取り組みは、地域を代表する企業としての使命のもと、事業展開を行っています。特に、障がい者・高齢者が明るく笑顔で暮らせるための環境づくりを事業の基本としています。

 この「地域包括ケアシステム」を調剤薬局を事業の基本とする企業が行っていることは全国的にもめずらしく、業界では注目を集めています。

ヴェルペンファルマの地域包括ケアシステム

 また、当社の地域包括ケアシステムの取り組みは、埼玉県が新たな事業展開に取り組む県内の中小企業を表彰する「第4回渋沢栄一ビジネス大賞」で特別賞を受賞しました。

調剤薬局から始まり、介護・障がい者支援・高齢者向け住宅・生活支援事業・行政の委託事業へと広がり発展。それらの事業をスムーズに連携させ、地域にとって必要不可欠な企業でありたいと願っています

 


◇ 株式会社ヴェルペンファルマの地域包括ケアシステム事業 ◇

〈医療〉

「おおの薬局」「はらいちば薬局」など埼玉県飯能市を中心に9店舗の調剤薬局を展開


〈住まい〉 

サービス付き高齢者向け住宅「スマイルの森」「スマイルの森 高麗川」を運営

 

〈介護・介護予防/障がい者支援〉

「デイサービス スマイルテラス はらいちば」「ケアプラン・はらいちば(居宅介護支援事業)」「ヴェルペン訪問介護 はらいちば」などの介護サービス、「飯能障がい者・障がい児相談支援センター はちまん町」、児童発達支援・放課後等デイサービス「ダンス空間 ヴェルペンスマイルスタジオ ジュニア」などの障がい者支援事業の運営

 

〈生活支援/地域サポート〉

訪問マッサージ「ヴェルペンほっと治療院」、買物支援事業・御用聞きサービス「ほっとコンシェルジュ」、お食事宅配「ヴェルペン ほっとみーる」、「飯能老人ホーム紹介センター」

 

〈行政/ケアマネージメント〉

飯能市より委託された支援機関の運営

「飯能市 地域包括支援センター はちまん町」

「飯能市 すこやか福祉相談センター はちまん町」



ヴェルペンファルマの地域包括ケアシステム


厚生労働省が推進する地域包括ケアシステム(厚労省ホームページより)