042-971-9800 受付時間 9:00 ~ 18:00(月~金曜) 「笑顔・感動 創造企業」ほっとカンパニー Welpen Pharma
  • トップページ
  • お知らせ
  • 認知症の相談や情報交換、知識普及をもっと身近な場所で! 調剤薬局の地域ネットワークを生かした「認知症カフェ」

お知らせ

2015/10/22

ニュースリリース
認知症の相談や情報交換、知識普及をもっと身近な場所で!
調剤薬局の地域ネットワークを生かした「認知症カフェ」

 株式会社ヴェルペンファルマ(本社:埼玉県飯能市、代表取締役専務:大野泰規)は、運営する「飯能市 地域包括支援センター はちまん町」にて、認知症カフェ「ひだまりカフェ・ロックガーデン」を開設しています。当カフェは、地域の皆様の認知症についての相談や情報交換の場、また認知症の知識を普及する場となるよう期待されています。


 “笑顔・感動 創造企業”を企業理念に掲げるヴェルペンファルマは、地域の皆様のこころとからだと健康にずっと寄り添っていける会社を目指しています。現在、埼玉県飯能市を拠点として、調剤薬局を中心に介護施設や高齢者向け住宅、地域包括支援センターなど30の事業所を運営しています。
 2012年に飯能市より「飯能市 地域包括支援センター はちまん町」の運営を委託され、2014年10月には飯能市内の商店街に開業された認知症カフェ「ひだまりカフェほわっと」の運営を他の地域包括支援センターとともに担当。そして今年6月に、単独で「ひだまりカフェ・ロックガーデン」を開設しました。


 認知症カフェ「ひだまりカフェ・ロックガーデン」は、既存のカフェの協力を得て、その定休日に認知症カフェとして運営しています。オープンは毎月第1・第3水曜日の午前11時から午後4時まで。店内では専門知識を持つ保健師や社会福祉士、主任ケアマネジャー(介護支援専門員)らが交代でお話をうかがっております。


 認知症カフェには患者様やご家族を中心に毎回20人前後が来店しており、多いときには35人が訪れたこともありました。店内での話の内容は、現在の介護についてのお悩みや、これからの心配事や相談についてなどです。


また「飯能市 地域包括支援センター はちまん町」は、その他にも定期的に認知症予防教室を開催しています。山間部の交通の不便な開催地でも、できるだけ多くの人にご参加いただけるよう計画しています。


 認知症カフェは一般的に行政、病院、福祉施設などによって運営されることが多いですが、調剤薬局が手がけるのは大変めずらしいケースです。今後も地域に密着し、認知症についての相談や情報交換の場所、また認知症の知識を普及するような場所を作っていきたいと思っております。



ロックガーデンカフェ外観



ロックガーデンカフェ内観



「ひだまりカフェ・ロックガーデン」スタッフ